24 April 2016

ヘルシンキの美術館 2 Amos Anderson Taidemuseo アモス・アンダーソン美術館





アテネウム内部の階段


1年ぶりにヘルシンキに行きました。 今年は一時期気温がかなり下がった日もあったようですが、2月というのに、ロンドンと同じぐらい(少し大袈裟ですが)の気温。 それでも道路上には雪が残っていましたが…。 

久しぶりにアテネウム ( Ateneum ) へ。私の好きな絵画にお目に掛かれると思ったのですが、実は、Rodin の特別展示だけで、常設展示は閉じられていました。 でも、ロダンの作品を見ることが出来ました。 


その後、近くにあるAmos Anderson Taideomuseo (アモス・アンダーソン美術館)へ。 この美術館はAmos Anderson が建てたアパートを美術館として改築し一般公開されています。 ここでは常設展に加えて、特別展 Helsinki Noir という展示をしていました。 1930年代のヘルシンキを舞台にした殺人事件に絡むストーリーを絵画を使って紹介、見学者もその場面を追いながら実際に犯人が誰であるか推理するというものです。 面白い企画で展示されている絵も始めてみるものが多くて新鮮でした。

常設展示ももちろん見ることが出来ましたが、ここにもHelene Schjerfbeck の作品がありました。

 


Amos Anderson の住居があったからでしょうか、この美術館の一番上の階にはチャペルがあり、そこにオルガンがありました。



オルガンの扉の内側には以下の写真のような、音楽をテーマにした絵が描かれてあり、ました。 


 


特別展示は比較的多くの人が訪れていましたが、最上階のこのチャペルまで足を運ぶ人は少ないようで、見学者は私だけでしたので、ゆっくりと時間をかけてみることが出来ました。 そして、ここでAkselli Gallen-Kallela の絵にお目に掛かることが出来ました。


 
Akseli Gallen-Kallela 
View from Ruovesi ( Näkymä Ruovedeltä)



Akseli Gallen_Kallela は他にもRuovesi の風景画を残しています。 Amos Anderson の絵には制作年代の記述がありませんでしたので、いつ頃のかわかりませんが、同じRuovesi を描いた下の写真の絵は、1907年の作と言われていて、現在モスクワのプーシキン美術館(The Pushkin State Museum of Fine Arts )所蔵です。


Akseli Gallen-Kallela 
View Over Lake Ruovesi 


また、もう一枚は1896年で個人のコレクションだそうです。 


Akselli Gallen-Kallela 
Landscape from Ruovesi


画家は、年代によってスタイルが変わっていくことがよくありますが、この3枚の絵を見ていると、本当にそれがわかると思います。 彼の場合も、晩年になるにしたがって簡略化が見られると思います。
勝手な意見ですが、Amos Anderson の絵は恐らく1896年と1907年の間に書かれたような感じがします。 

最後に、Amos Anderson 美術館はヘルシンキの多くの美術館とは異なり、月曜日は開館しています。 (休館日は火曜日です)



No comments:

Post a Comment