19 October 2015

フィンランドの絵画 6 Suomi Maalauksia 6



今回もまた Edelfelt の絵についてです。 前にも述べましたが、フィンランドの絵画はさりげない瞬間を捉えた絵が多くあります。 私がフィンランドの絵画が好きな理由はこの点にあります。

     Edelfelt, Albert Boyes Playing on the Shore 1884

まず、この絵は岸辺で遊ぶ少年達を描いています。 Ateneum  アテネウムの解説によると、これはEdelfelt が夏過ごしたHaikko ハイッコの海岸だそうです。 Edelfelt はパリにもアトリエがあり、一年のかなりをそこで過ごしたとのことですが、夏にはここに来ていたとのことです。 Haikko はPorvoo の近くです。 

絵の真ん中に3人の少年がいます。その内の一人は岩の上にしゃがんで右手に持った木の枝で、海に浮かべた小さい帆船を触っています。 その少年のそばに立っているもう一人の子供は手に帆船を持っています。 これから、水に浮かべるところでしょうか。 少年たちの背景には島々が描かれています。 さらに、面白いことに、少年が手にしている枝の延長線上に蒸気船が描かれています。 子供が手にしている帆船と背景の蒸気船のコントラストが興味深いです。

この絵の光は、熱帯の強い日差しではなく、澄んだ空気の中の透明で柔らかい光だと思います。 日本ではこのような日差しは秋に見られるのではないでしょうか。 

どの絵でもそうですが、絵画を見ていつも感心することは光の表現です。感じられても実態として手に取って確認できないものを絵画の中に表すことが出来る、画家の観察力、表現力の才能というのは素晴らしいものだと思います。 
 
宗教画が中心だった中世期には絵画の中に距離感が殆ど表現されず、描かれている対象が薄暗い部屋の中で浮き出て見えるように、背景が金色に塗られていました。 それが、次第に絵画の中に遠近感を表す努力がなされ、表面的な描写から立体描写を試みるようになって、絵の中に奥行きが生まれ、さらに絵画に光の描写が入ってきました。 どの方角から光が差しているか、また何に光が当たっているかと言う事は、絵画にとって大切な要素の一つになったと思います。 









No comments:

Post a Comment