27 July 2015

アルクティクム Arktikum Tiedekeskus ja Museo (Museum and Arctic Science Centre)

Arktikum (アルクティクム 北極圏情報センター)

聞きなれない名前かもしれませんが、この博物館は実はRovaniemi (ロヴァ二エミ)にあります。

この ブログを読んでくださっている方々は、ご想像できるかと思いますが、私は北、それも北極圏の文化に興味がありますし、そこの自然や風景が好きです。

私たちが行ったのは8月半ばでしたが、この日は曇りで気温は16℃でした。

ロヴァ二エミの空港は動物のぬいぐるみなどが荷物受取のターンテーブルに飾ってあるこじんまりとした可愛らしい所でした。




   


Rovaniemi というと、サンタクロースで有名ですが、もちろんそれだけではありません。

ここは あの Lordi の出身地でもあります。 実はRovaniemi の街の中心に彼らの手形があります。
 


そして、さらにタイトルにした Arktikum.  ここは最初の予定には入っていませんでした。 でも、観光案内所でここを勧められたので行ってみることにしたのです。

行ってみると、非常に面白くよくできた博物館でした。 北極圏に住んでいる人たちの生活、歴史、文化を垣間見ることが出来るだけでなく、その自然も非常によく展示されていたと思います。

余談ですが、よくフィンランドで感じることですが、地方の博物館や美術館を訪れるとその質の高さに驚かされます。 規模は小さいところが多いですが、その分中身は非常に充実していてその教養の高さは世界に勝るところがたくさんあると思います。 

フィンランドは日本やイギリスなどと比べると人口も非常に少なく世界の舞台に表立って出てくるような国ではないような印象があります。 

私の住んでいるイギリスではフィンランドの場所、首都、また EUであるということなどまったく知らない人もいます。 克て一世を風靡した Nokia phone がフィンランドの会社であったということすら知らないで使っていた人も多いと思います。 さらに、その発音からNokia を日本の会社だと勘違いしていた人に会ったこともあります。 

さて、ここでは北極圏についての情報が調べられます。 このセンターのウェブサイトは非常に興味深いです。

いつも、北極圏に住んでいる人々について考えるとき、人間とは本当に不思議なものだと思ってしまいます。

何故そのように人が住みにくいところに住んでいるのか。 現代人はそこに住まなくてもいいのですね。それでも、そこに住み、その生活習慣を守り続ける。特に厳しい自然のなかで生活していると、生存と文化保存は一体であり、また、それが義務や使命ではなく、本能のようなものになるのでしょうか。 
 
日本やイギリスといった極地に比べて非常に住みやすいところに生まれ育ち、生活しているとどうしても、そんな疑問が浮かんできてしまいます。 


 



No comments:

Post a Comment