8 May 2011

初めてのロシア:St Petersbrug 旅行記 第4日目 (2)

ザンクトペテルブルグには運河が有りますが、この時はどの運河にもまだ氷が残っていました。

私は、バスに乗る勇気がなかったので観光は全部歩いてしました。 美術館の後、カザン大聖堂(The Cathedral of Our Lady of Kazan) に行きました。 ここは祈りの場ですから、写真は撮りませんでした。 中は多くの人がいるにもかかわらず、静かで、人々の足音だけがしていました。 最近カトリック教会でも、教会内に入るときベールをかぶる婦人は殆どいませんが、ここではベールをかぶる必要があります。 スカーフを持っていたのでそれを「マチ子巻き(古いですねえ)」にしました。



さて、今回ザンクトペテルブルグでどうしても訪ねたかったのは ドストエフスキー記念博物館でした。

幸い、ホテルの近くだったので念願叶って、行くことができました。 
上段は中で買ったガイドブックの表紙です。 下段はドストエフスキーが晩年住んでいた当時のアパートの写真です。 

この地域はエルミタージュ美術館やカザン大聖堂などのある目抜き通りから少し離れており、もっと庶民的な感じのところです。

入り口は半地下になっており、大きな看板もなく、大変質素な感じでした。よく見なければ、見落としてしまいそうな入り口でした。

中の展示品も思ったより少なく、あれほど偉大な作家を記念した博物館なのに、意外でした。 おそらく、モスクワにある、彼の生家の方はもっといろいろ有るのでしょう。そちらの方も見てみたいものです。

ガイドブックは非常によく出来ており、これを読んでから改めて彼の作品を読み返してみたくなりました。

今回のロシアの旅は本当にいろいろな面でいい経験でした。 招かれた結婚式で、ロシアの人々の親切さ、優しさを感じ、エルミタージュ美術館ではちょっとした美術館側の不手際からドイツから来た4人の観光客と知り合いになって一日美術館を巡ったり、素晴らしい芸術品を鑑賞したり。

ロシア美術館でスターリンの肖像画の前に長くて大変立派な赤い絨毯が敷かれていたのを見た時の衝撃。など日常では経験できないいろいろなことがあり、大変充実したものでした。 

社会主義という20世紀の大実験を経験したロシアは地図上だけでなく非常に大きくて計り知れないものだと思いました。 

次に機会があったら、モスクワに行ってみたいと思いました。 モスクワにはトレチャコフ美術館もありますしね。













No comments:

Post a Comment